喰らったなぁ

無料で使用できる2D-CADのDraftsight。2019版が出ているのに案内が来なくて変だと思い、提供先のホームページへ。
そうしたらなんと今年いっぱいで無料板は使用できなくなるとのお知らせが…

問題は価格なんだけど、今までの無料版相当が$99/yearに、今まで$99/yearで提供されていたPro版は$199/yearにちゃっかり値上げ。会社が支払う分には年2.2万ですから許容範囲かもしれませんけど、個人で支出しているのでちょっと辛い金額。
さらに困るのが1PCに対して固定ライセンスなので出張用PCでCADを見たりいじったりができなくなること、うーーむ。

無料で釣っておいてこれはひどい仕打ちだと思うけど、本家AutoCad LTは年5.6万と気付薬が必要となる金額なんで、こちらは論外。
さてどう対処したものか…

「喰らったなぁ」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。いろいろお世話になります。
    こういうソフト、古いバージョンをそのまま使うのはダメなんですか?
    私の使っているエディタはマイフェス7 もう購入してから10年ぐらいたってますがそのまま使えています。
    Win10に入れてもちゃんと動作していますね。
    こういうの反則なのでしょうか。作る側としては、何十年もそのまま使われたのでは商売にならないことはわかるのですが。

    1. コメントありがとうございます。
      このソフトは最近増えてきたサブスクリプションタイプ(要するに年に1度はユーザー登録が必要)なのです。ですから登録が済まないと使用できない状態になります。
      Office365の様に「ライセンス確認できない場合は見るだけ」ってことになるのでしたら、図面確認としての使用価値もあるのですが、どう転びますかね。
      2020年の仕事の状態によって、$99を2つにするか$199を1本にするか決めることになると思います。まぁ最近は出張して工事やら調整やらって作業はすかっかり減っているし、板金設計も減っているので$99を1本で済ますってことも考えられますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です