KiCAD日本語対応その2

長くなってきたので、別建てへ。

結論から言うとまだ成功してません。相変わらずDOCファイルのチェックサムが…とはじかれるので、チェック自体をSKIPすることで、こちらはクリア。
次の関門がフォントファイルを展開されたフォルダーにコピーさせる指示。これができればたぶん残りは時間の問題のような。

cp: 通常ファイル ‘/c/kicad-winbuilder/”C:/kicad-winbuilder”/MINGW-packages/mingw-w64-kicad-git/src/kicad/common’ を作成 できません: No such file or directory
なんてエラーが出ます。なんという奇怪なフォルダー名… cmakeに食わせるPKGBUILDの中身を見ていても変な所は見当たらず。
仕方がないので、$HOMEという変数を表示させてみたらなんと
/c/kicad-winbuilder/”C:/kicad-winbuilder”
なんじゃこりゃ。そりゃエラーになるんだけど、どこでこんな指定をしているのやら。”C:/kicad-winbuilder”の部分が根本的に間違っているんだよな。正しくは
msys64/home/xxxxx/となってないとダメ。
まだ先は長そうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です