KiCAD日本語対応その3

一旦全部を消してやり始めたリビルド。目的としていたディレクトリとは違う所にあれこれを展開してくれているようで、おなじようなファイルがあちこちにある変な展開となっています。
元々C:\KiCad-Winbuilder\に必要ファイルを展開して作業を始めたのでしたが、気が付くとc:\user\xxxx\kicad-winbuilder\に必要ファイルが集められてなにかゴソゴソやっています。

妙なことになっていた$HOMEについてはmsysを一旦アンインストールしてやることでなんとかクリア。PATHの設定が悪さしていた可能性もありますが、とにかくOKへ。
で、1ラウンド。GLMのバージョンが0.9.9.5なので新しすぎるのでなんとかしろとの仰せ。0.9.9.3以下にしろと言うのでGLMのページから0.9.9.3を持ってきて展開。第2ラウンドへ。

第2ラウンドでは再び「GLMのバージョンが…」。いい加減にしろよなと思いつつさらに1段階古い0.9.9.2を展開して再挑戦。やっとこ実作業が始まったようです。

が、なにか違う感じが… 作業自体を止められない雰囲気(Ctrl-Cが効かない)なので、最後まで行くのを待つしかないのか? なんか不毛な時間だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です