Fedora35その3

bootの問題が解決したし、日本語入力の問題もほぼ解決したようなので、-o3化を進めていきます。
その過程で出てきた新しい問題が、

doxygen: symbol lookup error: /lib64/libclang-cpp.so.13: undefined symbol: _ZNSt7__cxx1112basic_stringIcSt11char_traitsIcESaIcEE8_M_eraseEmm, version LLVM_13

なにやらわけのわからない名前のシンボルが見当たらないと苦情が出ます。
この問題は結構な数のモジュールで発生している模様なので解決しないとなりません。調べてみると2017年頃にGCCのバージョンが変わったことで一時発生していたようですが、ここ最近は話題になっていない模様。

もう一度エラーログを見直すと、libclang-cpp.so.13に有るはずのものが見当たらないのが問題だと言われてます。そう言えばclang自体も早々に-o3化を済ませていたのでしたが、もしかしてと思いdnfを利用してclang-libs.x86_64をインストールし直したところ問題解決!。

結局のところこの問題のシンボルは空のエントリかなにかで、-o3の時に「無駄だから削除」となったのでしょう。-o3の意外な副作用でびっくりさせられましたが、他にも起きているかもしれません。改めて問題が起きたらその時に考えましょう。

この問題が解決した後はスムーズに進行。CPUが同じ第4世代とは言え、i5からi7になったことと、メモリーが8Gから16Gになったことでリビルドにかかる時間も25%ほど短縮されたようです。
firefoxが2.5時間、thunderbirdが1.5時間、Kicadも1.5時間くらいですから、このくらいなら待てますね。ちなみに33時代のfirefoxはリビルドに8時間かかってましたが、あれは何だったのかな。

残る常用する大物はlibreofficeだけど、関係モジュールが多数なので準備が面倒。まぁこの週末に退治しますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。