デジタル対応TV

アナログ放送が終了するまで買う気は無かったのですが、室内アンテナだとあまりにも映りの悪いアナログTV。年寄達が「TV!!!」とうるさいので、デジタル放送ならば室内アンテナでもそれなりに映るだろうってことで調達してきました。
たまたま行ったお店のタイムサービスで29,800円也!だったので即座に買い。値段比較サイトで見ると、最安でも52,500円のようですから、ラッキーです。物もAquos LC-16E5なので、悪い品物ではありません。
で、今までのアンテナにつないでみましたが、やっぱり駄目。TVに備わっている診断機能で見ても信号レベル不足です。ゲージで60必要なのに対して、35程度だと表示すらしてくれません。
仕方がないので、アンテナとブースターを調達。思いのほか高価だったので、TV本体を安く手に入れた意味が…(笑)。
それでも室内に置いた状態でゲージ50〜52と成り、なんとか絵が出るようになりました。絵が出るようになればさすがにデジタルで、画面に雪が降るような事もなくきれいに映ります。
ただ、目の前の道を通りぬける輩の影響が出て結構乱されますので、アンテナ方向はもう少し研究の余地がありそうです。直接の方向には鉄筋の高い建物が有るので反射を狙わなきゃならないですね。
こんなことしてないで、屋根にアンテナ乗せればそれで終わりなんでしょうけど、雰囲気が悪くなるので嫌なんですよね。なので暫くはこのまま。

SDHC続き

どうにも釈然としないので、規格を調べてみると… Class XのXは速度を表しそれぞれ2,4,6MByte/secということだそうです。何の速度かはよく分りませんでしたが、動画記録のためのメディアって位置づけのようですので、シーケンシャルライトの速度なのでしょう。
して見れば、どちらも規格は満たしているので「こらぁ!」とはできません。(苦笑)
メーカーの違いなのか、単なる当たり外れなのか。どっちなんでしょうね。
SanDiskのClass6でも手に入れば面白そうですけど、SDHCって使える機器が限定されてしまうので、これ以上増やしても余ってしまった奴の使い途が無いので困るんですよね。

SDHCのClass表記

20081130-SDHC.jpg

頼んでおいたClass4のSDHCが届いたので、さっそくテスト。すると、こんな結果が!…
***** FDBENCH Ver 1.02 (C)2003-2007 ep82kazu *****
Drive G:\
Drive Size 100MB
Disk Read Write RRead RWrite (KByte/s)
7291 10302 6399 9694 2769
Copy 2k 32k 256k 10MB (Kbyte/Sec)
3879 55 794 3353 11314
ちなみにこれまで使用していたClass2は、
***** FDBENCH Ver 1.02 (C)2003-2007 ep82kazu *****
Drive G:\
Drive Size 100MB
Disk Read Write RRead RWrite (KByte/s)
12848 18457 11680 16505 4752
Copy 2k 32k 256k 10MB (Kbyte/Sec)
4882 39 625 2559 16307
1.5倍くらいClass2の方が早いじゃないですか!!! このクラス表記ってもしかすると、当社比ってやつなのかなぁ。まったく納得が行かない。
ただ、USBのリーダー経由でその測定なので、実戦の場合は違ってくるのかも… と言うか違ってもらいたい。

ついに買ってしまった

その存在を知ってから早ウン年。良いのは知ってましたが、価格がネックでなかなかふん切れなかったこれ。20080530-realforce.jpg
現用のキーボードで2,3のキーの反応が怪しくなったので、意を決して購入。
さすがにいいですねぇ、これ。ちょっとキータッチが軽すぎる感じもしますが、途中で微妙に変化するキータッチがなんとも言えません。
早い入力でも問題がないので、まさにプロ向け。あとは長持ちしてくれることを祈るばかり。
まぁ、簡単には壊れないでしょうけど。