リハビリを兼ねて

いつまでも寝くたばっていると、脳味噌が膿んで来そうなのでリハビリを兼ねてLINUXいじり。
とりあえずCPUを手元にあったCeleron 3.0に変更してなんとか使える領域に持っていけた。それはそうとして、いろいろと不審な動きを示すのでクリーンインストールを決行。まず現状の状態をバックアップしてから、再インストール。まぁ、これ自体はいつもの事なので大した手間もなく終了。
標準では入ってこないモジュール類を入れて、起動設定やら初期設定やらを済ませ、元の個人データーを戻して環境復旧。
唯一戻ってないのが、かな漢字変換。ATOK-X3を入れたのだが、なにかが気に入らないらしく辞書が無いと言ってくる始末。仕方なくしばらく凌ぐべくMOZC(Google IME)を入れてみたけど、こちらはローマ字入力だけ。日本語文字列->ローマ字に一旦変換->入力->変換なんて面倒でやってられない。
かな入力が使えそうなのがANTHYなのでこちらにしてみたが、辞書の出来と変換精度がかなり微妙。
思い通り入力できないのはかなストレスだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です