携帯キャリア変更

いままではAu(ガラケー)2本、MVNO(スマートフォン)1本の3本体制でしたが、ガラケー1本が不要となったので全体に整理。不要となった番号は、今は亡きcdmaOneが導入された時に取得した番号で、できれば取っておきたいと思ったのですね。なのでMVNOを解約してそのまま不要となった番号はスマートフォン向け契約へ移行ってのが最初の発想です。

さっそくAuショップへ赴きましたが、1本をガラケー契約からスマフォ契約にするだけで、最低でも月に6k円と言われて驚愕。そうなるとMVNOを解約したところで月の支払いが約8k円となります。

高級端末を購入する訳でもないのにこの支払い額では…という訳で、いろいろ調べた結果、UQが一番評判が良かったので、MNPで移動です。派手に宣伝していることも有って、UQってMVNOなのかMNOなのか謎でしたが、契約しに行って分かったのがAu系列のMVNOだと言うこと。まあAu->Au系列なのでそのまま移行処理。例によってものすごくしつこい引き止め電話を振り切ってMNP予約番号を取得して契約完了。相変わらずMNPと新規契約とでそれぞれに事務手数料を毟られるのに閉口しつつ契約を進めます。

今回は必要が出てきそうな感じだったので音声通話オプションを追加した結果、月額は2,480円+税!となりますが、月額980円のDOCOMO系のMVNOを解約するので、全体的には1k円まではいかないにしても、多少は下がることが期待できます。

遭難や災害時などのセキュリティを考えると、電話会社を1系統にまとめてしまうのは問題なのですが、まぁその時はその時とすることにしましょう。

あとはどの程度の速度が出るかだな。UQの場合、普通のMVNOとは違うらしいので、少しは速度に期待できるかな。そもそもAu系のMVNOって殆どないからDOCOMO系よりは空いていそうな感じなんだよね。休日の夜に試したところではそこそこの速度だったけど、平日の昼間がどうなるかが見もの。

あとはかなりバッテリーのへたった現在の端末の更新だな。流石に3年も使っていると容量が60%台まで落ちた感じで、使い続けられるのがせいぜい8時間って感じなので、早々に更新しないとね。

GOLF7.5その3 DSGその他

7.5になってというよりはTSIからTDIになったことでDSGのクラッチが湿式多板となりました。当初のDSGは全部湿式だったので、元に戻ったと言うべきでしょうか。ただ湿式のギアボックスはいままでは6速しか無かったのですが、今回の7速ギアの湿式は新しいタイプとなります。
乾式単板と比べるとスムーズですが、やはりキレという面では今ひとつな感じ。変速した時になんとなく「もわ」っと変わっていく感じです。

乗り始めて直ぐに気がつくのはアイドル状態からの【疑似クリープ】が非常に強くなったように感じることです。まるで普通のトルコンのような強さです。
面白い制御だなと思ったのですが、よくよく観察してみると、乾式の時は半クラッチ状態を作って疑似クリープ状態を作っていたのですが、このギアだと半クラッチがほとんど無く、その代わりに1速ギアに入っています。1速に入ってがっちりクラッチがつながっているのだから、微速前進力が強いわけです。この状態でスロットルを開けると直ぐに2速に変速します。なので、実際の発進だと1速に入っているのは殆ど見ることはないです。

また大きく変わったのがアイドルストップ制御。7の時は停止してひと呼吸(0.5秒くらい?)してからエンジンが止まっていたのですが、7.5になってからは停止寸前の微速状態でもエンジンが止まるようになりました。停止位置を停止寸前のブレーキ力で調整する運転癖が付いているので、このような場合には一瞬エンジンが止まるのだけど、次の瞬間にエンジンが再始動してしまいます。どうも運転手とエンジン制御の間で話がうまく伝わらないのがもどかしいですね。

また、面白い機能としては前に停まっていた車が居なくなると自動でエンジンが再始動するようになりました。信号の見逃しが減るし、坂道発進の場合でも楽になるので嬉しい機能です。この機能ってTSI車でもそうなったのかな、ちょっと興味が出ますね。

残念な点としては最大トルクの発生回転域が1750rpm~と比較的高いことと、2速と3速ギアのカバー範囲が日本の交通にあっていないところかな。

ディーゼルで最高許容回転数が低いので、全体にハイギアードとなっています。なので街中速度だと4速のままで結構高い回転数まで引っ張ってしまうことが良くあります。この状態でスロットルを一回戻してやると5速に上がりますが、そうするエンジン回転が下がり過ぎて力不足…

狭い峠道を走るような場合、2速だと回転が上がりすぎだし、3速だと下がりすぎだしとちょっともどかしい感じ。ただこれは最初に乗った6速DSGの時代から変わらずに感じる不満なので、 本国でのスピードレンジが違ってて、その程度は気にせずガンガン回していけってことなのでしょう。

GOLF7.5その2 エンジンと燃費編

さて”TDI”になった7.5。アイドル状態や走り始めにはいかにもディーゼルな「粒」を音と振動の両面で感じますが、だいたい50km/hを超える頃には気にならなくなります。
一応この車にもモード切り替えが有りますが、普段使いはDモードですね。標準で用意されるEモードはコースティング制御(スロットルを戻すとクラッチが切れる)が入りエンジンブレーキが効かなくなるので、一般道ではちょっと使いにくいかな。
カスタマイズでエンジンをEモードにできるようですが、エンジンを切るたびにDモードに戻されるので、Eモードはあまり使って欲しく無いのかもしれません。

試乗したときには非力だと感じたのですが、たまたま試乗車がその様に学習されていただけのようで、1日一般道を乗り回してやった所、大トルクを感じられるディーゼルらしい感じとなりました。試乗車だとみなさん「おっかなびっくり」走らせるのかな?

1タンクで1100km!

注目の燃費は、エコランするにはあまりコンディションが良くない条件でしたが、一般道だけでもこんな感じ。フルタンクからの走行予想距離が1100kmを超えていて驚きます。あまり信号の無い区間を走っているので、反則と言えば反則ですけどね。このコースは前車で幾度と無く走ったコースで、前車の時は最良時に17.8km/㍑だったので、20%以上の向上です。
帰りは陽が当たって暑いのと、どうにも蒸すのでエアコンを入れましたが、ほとんど燃費表示に影響がないのにはビックリ。我慢して損したかな(笑)。
ただし、ゴーストップが頻繁に登場する街乗りの場合どうになるのかは確認していないので、要注意です。前車だと街乗りでエアコン ONだと9km/㍑くらいまで低下してしまってました。

普段の街乗り(お買い物でせいぜい往復15km)だとどうなるのかが注目です。ただ、今回からは燃料が軽油となり、いままでのハイオクから1リッター当たり30円ほど安くなっているので、気にするほどでは無いかな。
だいたい街乗りだと13km/㍑程度だった前車の場合、1kmあたりの燃料費は今の燃料相場だと10円となります。
新しいこの車が街乗りで同程度の燃費としても、1kmあたり7.7円で済む計算となります。ガソリン時代と同程度でも良いとすれば、10km/㍑まで落ちたとしても問題にはならないので、普通にエアコンつけて走り回っても問題はないでしょう。
でちなみに車両価格差を燃料費の差額で埋めようと思うと、たぶん7万km程度は走らせないといけませんが、そこまで行けるかな?

Hello Golf7.5,Goodbye Golf7

New_car

殆どその気はなかったのですが、販売店に定期点線に赴いたときに破格の条件を提示されたので、ついつい… と言う訳で車が入れ替わりました。
Golf7のVariantからGolf7.5のハッチバックへの乗り換えです。本来ならば、既に本国では発売されているGolf8を待つべきですが、世の中大騒ぎでそれどころでは無く、この調子では8が日本に導入されるのは来年以降の模様なので、7.5で一旦様子見となります。ちなみにハッチバックは12年ぶり、4の時以来です。

今回導入したのはTDI Highline Meisterというグレードですが、他社でもやっている、失礼を承知で言えば、モデル末期に登場する在庫一掃のための各種オプションの寄せ集めグレード的存在です。
基本的にはTECH Editionという液晶インパネ+LEDヘッドライトのモデルに本皮のシート(電動は運転席だけなのが惜しい…)とDynaudio社製オーディオシステムを追加したものとなります。まぁ、いままでの限定オプションを総動員したと言ったらいいかな。
本当に「在庫限り」状態でしたので、内装色を選ぶと自動的に外装色が決まる有様で、殆ど選択の余地はありませんでした。

ちなみに、Meister Editionの場合、High LineとComfort Lineの差が余りありません。エンジンがTDIともなれば更に差が無くなります。カタログでチェックすると、
1. インテリアアンビエントライト
2. クローム外装材の違い
3. ホイールのデザイン違い
4. レザーシート
5. Dyaudioオーディオ
って所ですが、オプション5は内装色がシェトランドという少し灰色がかった明るい内装を選ばないと選択できないので、単純には比較できません。

さて一番の変化はガソリンエンジンからディーゼルエンジンへの変化かな。いままでも仕事で使うトラックやバンでは乗っていましたが、個人所有するのは初めてです。
現在のコモンレール式の超高圧燃料噴射装置ができる以前のディーゼルは「とても非力」が当たり前でしたが、こいつは今時のエンジンなので110kw/340Nm(150ps/34.7kgm)と立派なスペックです。
ちなみにGolf7で乗っていたガソリンエンジンは103kw/250Nm(140ps/25.5kgm)でしたから、トルクがかなり増えています。ただ、車重も1380kgから1430kgへと50kg(年寄なら1人分?)増えています。車検証によれば増加分の殆どが前輪荷重なので、だいぶエンジンが重いんでしょうね。

いろいろと変わっていなさそうで、変わっています。なので内容については少しずつ書くこととします。

Googleのサービス

様々なサービスを提供しているGoogle。ですが別に慈善事業で各種サービスを提供しているわけではないので、結構なサービスが打ち切られてしまい使用できなくなります。
最近だとGoogle+。結構緩い感じのSNSで気に入っていたのですが、思ったほどに儲からないという理由であえなく打ち切りです。

これは有料サービスでも同じことで、近々音楽提供サービスのGoogle Play MusicがYoutube Musicへ移行が決定となりました。私自身はBGMとして聞いているのが殆どなので動画は全く必要ない。というかむしろ無駄に帯域を食う邪魔者でしかありません。

そもそもGoogle Play Musicのサブスクリプション版に参加したのは、近い将来Youtube Premiumと統合されれるという噂話があったからで、たまに見る動画の頭や途中に入ってくるCMが無くなるならと思ったからなのですね。
今回の発表だとそうじゃなくて新しいサービスを立ち上げでそちらに統合するという話….

「○○のラジオ」といった似た傾向の曲を流してくれるサービスなどは便利に使ってましたが、この機能も無くなる模様で 不便になりそう。200円高くなるけどSpotifyに移行するかな。

雑感その2

謎の自粛要請がほぼ解除となったようで、近所の回転すし店やうどん屋、蕎麦屋、和食店が大混雑… なんでこうなるかな。やはり自分の頭で考える人間が殆ど居なくなったと言うことなのでしょう。「右見て左見て… うん皆がやってるからおいらもOK」という振る舞い…

しかし、店によっては来店者を保菌容疑者として扱ってくるところも有ってあまり嬉しくない客あしらいを受けます。

保菌容疑者扱いと言えば、各店舗の出入り口に設置してある「消毒液」のボトル。見ていると皆気軽に触っているけど、あの押す部分の清浄って誰が保証するんだろう?  不特定多数の人間が触れるのだから、そのほうがまずくないのかなぁ。自動噴霧になっていればまだましな気がするけどな。ちなみに以前より非常に気を使っている給食センターなどだと、消毒液はもちろんの事、手洗い用の水や洗剤についても自動供給で、水栓やプッシュポンプに手を触れる必要はありません。
それと「入る時にする人」と「出る時にする人」が居てパラパラ。と言うか、何のために噴霧するのかが徹底されていない気がする。

また放射温度計で額の温度を計測される場合が有るんだけど、あいつの精度って常温近辺では±2℃は誤差が出ると思うのだけど、37.5℃で線引きという厳しい運用をしていて誤検出もかなりあるのだろうと思ってしまう。だいたい、放射温度計を使ってみればすぐにわかることだけど、ほんの数mm計測スポットがずれただけで平気で10度も違う値を表示する。0.1℃単位で計測なんて高い精度が要求される運用をするには、対象物(この場合は人間の皮膚)の反射率を正しく設定し、機器自体の温度補償(通常の精度保証使用環境は23℃±2℃)も正しくやらないと表示される数値が何なのかがわからなくなる。これは計測をやっている人間の常識なんだけどね。

さらに言うと、平熱のばらつきを考慮してもらえないので、平熱の高い人は不利。
かく言う私も平熱は36.7~36.9℃程度(家庭用水銀体温計で測った場合)と高めなのでちょっと日向に居ただけでアウトになる確率が格段にアップしてしまい、面倒。
夏場は保冷剤を額に当てておく様かな(笑)。

あれこれ雑感

ここのところのコロナ騒ぎで、すっかり世の中が変わってしまいましたね。「自分はセーフだけど、てめぇらはアウト」って単純すぎる発想の人が増えた感じ。自粛自警団と呼ばれる連中も同じで、要するに「自分の頭で考えずに、『お上』の言っていることに従っとけ」というわけです。巷に蔓延る「マスク教」も一緒。なぜ必要なのかを考えれば、自ずと必要な場面と不要な場面が出てくるわけで、常に着用している必要はありません。

とは言えこのマスクの影響と思うのだけど、道路がとてもきれいになってきました。歩きタバコの減少とタンツバを所かまわず吐き散らす連中が減ったのが良いみたい。マスクしていると、タンツバ吐くのに一旦マスクを外すという面倒が有るので、今までのように気軽にペッペできなくなったのが良い方向に作用している感じ。ガムもそうかな。また通称「モグタン」(のべつモグモグしながら歩いている牛のような連中)が減ったのか包装などのゴミが減ったのも大きそう。

いまさらに「観光客の減少による影響は甚大」とか言ってるけど、一揆よろしく「来るな」って看板を乱立させたり、県外狩りを放置したり、鬼の形相で「絶対に来るな!」と言っていた奴らの影響はどうなのか。「懐が苦しくなったので」って急に「愛想笑い」して揉み手されてもねぇ。4月ごろは収まったらあちこち行きたいななんて思ってましたが、すっかりその気も失せてしまったのが正直なところ。

また、この騒ぎで少し時間が余計に使えるようになったので、各種のメールマガジンの断捨離を断行。なんかズルズルと10年近くロクに読まないまま届き続けたメールマガジンをばっさり。通販かなにかで必要が有って会員登録したままになっていて、もう利用しなくなって早10年なんてサイトが多いので、まだまだ整理が必要。

謎のフィッシングメール

毎日のようにフィッシングメールが届きます。まぁAmazonか楽天かAppleを騙る内容が殆どなので、機械的にゴミ箱に放り込むように設定してあります。

中で謎なのが、Amazonを騙るヤツの中でも日付がちっとも変わらないやつ。
謎のAmazon-Spam
件名はいろいろだけど、全部2020年2月7日 19:01。

この時間にどんな意味が隠されているのでしょうね。
自動でゴミ箱に行く分には気にならないのですが、フィルターから漏れるとツリーの下のほうに紛れるので探すのが面倒です。

裏技?

とあるダウンロード系の有料ユーティリティーを使用しています。しばらくはVer.8で停滞していたのですが、気が付くといつの間にかVer.10となっています。

しかし、ユーザー優待価格はVer.9->Ver.10の時のみとのことで、まるまる定価を支払わねばならない模様。Ver.8だと少し問題があるので、更新したいと思ったのですが、そこまで払うに値するかと考えちゃう価格です。

で、未練がましく提供元のホームページを見ていたら、まだVer.9の提供があり、しかもVer.8->Ver.9の優待販売も残っています。これを利用しない手はないと思い、すぐに手続き。無事に定価の1/4ほどでVer.9になりました。
もう一段Ver.9->Ver.10が同価格であるのですが、とりあえずVer.9でしばらく行ってみましょう。

SDRその2

SDR2
受信中

アンテナどうしようと考えて、ホームセンターに行ってみましたが、向かったお店を間違えていたようで、TV関係のバーツが無いお店…。
どうしたものかと、もう一度部屋を見回してみた所、ミニコンポのアンテナ入力がFコネクタであることを発見。FM帯域用ではありますがアンテナも有ったので、そのまま取り外してきてドングルのアンテナ端子に接続。

やはりちゃんとしたアンテナとなったので、いろいろな電波を拾ってくれます。
上の画像はAM放送のサイマル放送分を受信しているところ。ノイズレスで快適です。また、隣の91.6MHzの山も見えています。
この状態だと、79.5MHzも84.7MHzも受信できます。ただ、設定のせいなのかオバケ(ゴースト)が多数あってなんか変。

エアバンドに移動して、128.4に合わせるとちゃんとRJTYのATISも入ってきました。ただし、細かく調整してみるとどうも4kHzほど下にずれている感じで、128.404MHzに合わせると良い感じです。

144MHzや430MHzを聞いてみましたが、全然聞こえません。うーーん、アマチュア無線って絶滅したかな?