スピーカー改造その後

帰還抵抗が大きすぎる気がしたので調整しました。調整前が推定0.3Ωでしたので、5cm詰めて推定0.2Ωとしました。
これで少し高域の暴れが落ち着いた感じ。ただし、やはり大入力には追従できてないのでもう少し研究の余地がありそう。

改造その2の基板表
改造後の基板裏

スピーカー改造続き

AMP元回路

時間が取れたので早速着手。元の回路は左図のように至ってシンプルなので、電流帰還型に改造するのも楽です。具体的にはC1,C2の取り付け方を変更して帰還抵抗を追加する程度。

AMP(電流帰還)

ここで使用する帰還抵抗の値がキモなので若干調整を要します。
最初は手を抜いて1Ωをパラにした0.5Ωとしたところゲイン過大である上にちょっと発振気味でNG。
なので0.3sqの電線の中身の細い電線1本を15cmほどに切った物に変更します。推定0.3Ωですが、これがなかなかいい感じです。
ただ、まだちょっと高域が荒れている感じなのでもうちょっと調整が必要?

グラスウール追加

更に前回の改造で使用したフェルト貼りだとちょっと効果が薄い気がしたので、グラスウールを適当に切って中に詰め込みます。もうちょっと入れた方が良かったかな?
元のアンプ基板を取った関係で接続の無くなった片側のスピーカーに行く電線を追加して蓋を閉めておしまい。

改造後ですが、今まで曇った様な音だったのがシャキッとした音となりました。
ボーカルが艶めかしく聞こえてきて驚きます。
また低音はこの口径なので元からあきらめていましたが、それなりに聞こえるようになったのにはびっくりです。

とりあえずは最低限ということで元の資材を生かしてUSB給電としていますが、こうクリアに聞こえてくるとついついボリュームを上げてしまいます。そうするとやはり電源容量不足なのかちょっと音が割れだします。
このまま小さいプラケース(それこそダイソーに有りそうなPP辺りの奴)に収めて簡単に持ち運びできるようにしたいと思っているので電源の問題は頭が痛いですね。
しばらくはこの状態で我慢しておくかな。丁度良い出張時の宿で寛ぐ時に使えるチビスピーカーとして活躍しそうな感じ。

スピーカー改造その2

例の300円スピーカーですが、次のいたずら方法を決定。次は電流帰還型アンプ経由としてみることにしました。

しかし、内部回路のままだとちょっと面倒そうだったので、アンプを別途調達。送料込みで¥1,400円のキットを調達。何やってんだか… 秋月だと3〜400円でユニバーサル基板を利用したキットと言うか、部品一式が売っているようなので、無駄に高いことは確かです。
このアンプはNJM2073Dを使用していて回路も非常に素直に構成されているので改造にはもってこいです。

今週末はちょっと時間が取れそうなので早速試してみよう。スピーカーの中に詰める物の目処もたったし、どの程度変わるのかが楽しみ。

新PCのあんばい

ほぼ衝動買いで入手した新PC。さっそく貯まっていたupdateのrebuildをはじめましたが、前PCの3〜4倍早い感じです。
ちなみにCPUの比較は
旧 G530 2core 2thread,2M L2chache 2.4GHz MemoryBand 17GB/s
新i5-4590 4core 4thread 6M L2chache 3.3G-3.5GHz MemoryBand 25GB/s

FirefoxやThunderbirdと言ったSRPMのサイズが200M〜300Mのファイルでリビルド時間が1時間で済んでいます。だいぶ早くなったと思うんだけど、定量して無いのでどのくらいってのがはっきりしません。
GCC(約6時間)とかLibreOffice(約13時間)のような大物のrebuildをすればはっきりしますが。
楽しみだな。


自宅PC更新

壊れて以来ウダウダしていたら、20日以上経ってしまいました。
連休で少し時間が取れたのでゴソゴソ作業開始。まずは職場に転がっている画面の割れたNOTE-PCの改造から着手。SSD換装で余っているHDDをセットしてとりあえずあれこれインストール。起動も無事に済みましたがHDDがどうも5400rpmの機種のようで何をするにもひと呼吸といった塩梅。あまり早くなっていない感じです。CPUはi5-2450なんで、Celeron G530とそんなに変わらないのが原因でもありそうです。ちなみに
i5-2450は2core 4thread,3M L2cache 2.5GHz-3.1GHz
G530は2core 2thread,2M L2chache 2.4GHz。

で、古い環境のHDDからデーターを吸い出す段になって、困ったことが。eSATAのケーブルが見当たりません。なので昼飯兼で買い物に。PC-DEPOT中がすんごい変わりましたね。まぁパーツを集めるなんてもう過去の趣味になってしまっているので仕方がないのですが。
で、肝心のケーブルですが見当たりません。仕方なくSATA-USBのアダプタを眺めてみると、みな結構な金額です。もともとHDDの容量も250Gしか無くて、500Gか1TくらいのSSDにしなきゃなんて思っているところなので、こいつらに投資するのはなんかもったいない。
そう思って他のコーナーを覗いてみたら、i5-4590搭載でメモリが8G、128G SSD+1TB HDDの中古PCが¥50kで売っているのを発見。即座に購入したのでした。

旧PCからHDDとビデオカードを外して自宅に持ち帰ります。とりあえず起動することを確認後にあれこれ改造。
HDD収納スペースが傾いてブラブラしている状態を発見して、蓋をあけてよかったと思いつつHDDとビデオカードを装着。
駄目元で電源を入れてみたら、なんとそのまますんなりと起動してしまいました。恐るべしLINUX。
肝心の速度はかなりスムーズになりましたが、やはりHDDがネックかな。もともとH81という一番手を抜かれたチップセット採用のマザーなのでこの辺がネックになるだろうとは思ってましたが、サーバー用のC206とは比べ物にならないほど引っかかります。その辺りがホビー用とサーバー用の違いなんですね。
とは言えFANが暴速で回ってすんごい騒音を待ち散らすってことも無いので平和で助かります。

しばらくはこの状態で様子を見ていきますか。余計なパーツを買わずに済んで、結構安く上がったので職場用PCのリフレッシュに回せる予算が増えたのは良いことです。だいぶ大容量SSDが安くなっているので、あっちはシステムを全部1T程度のSSDに押し込んでしまうかな。

スピーカー改造

ダイソースピーカー改造中

少し時間に余裕ができたので、以前入手した300円スピーカーの改造に着手。
安くあげないと面白くないので、とりあえずまたダイソーに行って手芸用フェルトシートを入手。108円也(笑)

後ろのネジを外してカバーを取ると簡単に中にアクセスできます。問題点があるとすると、ねじ穴が細長いので、普通のドライバーだとネジに届かない点ですね。手元にシャフトは#0だが対応ネジは#2という変なドライバーが有るのでそこは無問題。

糊付きだったせいで少し貼るのに手間取りましたがなんとか作業終了。ちなみに片側はスピーカー以外何も入っていないのですが、もう片方にはアンプ基板が有るので少し作業がやりにくいですね。配線が細いので、切らないように注意が必要です。

改造後ですが、素の状態だとケースが振動する感じで変な音が出ていましたがそのあたりは収まった感じ。ただ、まだ後ろに音が伝わっているようなので本格的にはグラスウールを詰めないとダメかも。ただし、内容積が小さいので、一掴み分で良いってのが面倒です。
いっそダイソーで一掴み分売ってくれないかな。さもなきゃ手芸用のフェルト材料か本物の綿でもあれば良いんだな。よしまた探しに行ってこよう。

お値段なりの…

よく「お値段以上…」とCMしているブランドの商品。いろいろと買っては見たのですがどうもいまいち。本棚は懲りずに3つも買ってしまいましたが、文庫本を端まで並べただけで棚板が変形してしまいとても残念。

なかでも残念なのが、椅子。事務用の背もたれの大きな奴なんですが、キャスターが脆弱すぎ。プラスチック部品の真ん中に穴が有って、金属シャフトを通して固定する方法を取っていますが、部品がパッキリ….

ひとつならともかく5個中2個が同じ状態となっては設計不良だろうと思うんですが… 垂直方向にしか力がかからないと思っていたんですかね、謎だ。

 

ダイソースピーカー恐るべし

巷で話題になっていたダイソーのスピーカー、税込み324円なんで、騙されたつもりで購入です。
が、想像以上に音が出ますね。もちろんこんな小さい奴なんで低音部については期待するだけ野暮ですけど、全体の音質は上々。一応背中にはパスレフポートっぽい穴は空いてますけどね。
とにかく安いので、いたずらしてもとに戻らなくなっても対してダメージが無いのが良いです。

職場用といたずら用にあと何個か買っておこう。こりゃ少し遊べそうだ。

イヤフォン

ケーブル付きのイヤフォン、プラグ部分が損傷したのでワイヤレスタイプにしたのですが、どうも不具合が有るような無いような… ストリーミング再生をしている時に次のタイトルが始まるまでに妙に時間がかかることが有り、そうなると再生自体がタイムラプスみたいな変な状態となります。
しばらく放っておけば治りますが、気持ちが悪い。

原因としては電話機本体、アプリ、イヤフォンが考えられますが、本体やアプリについては同じBT接続でも車で聞いている分にはこんなことは起きないので、イヤフォン側の問題であることが濃厚です。

なので、もう一セット調達して試してみるかということに。もちろん違うメーカーでないと意味が無いので適当に安いやつから選択。JBLでした… SとかBとか高いんですよね。
それとBTとは言え電波利用であることには代わりがありません。フライトモードにすると使え無くなるのは不便なので、改めて有線式も調達。合わせて¥6K也。何やってんだかな。

1日試した感じではJBLのイヤフォンでは不具合は無いのでやはり元の製品に問題有り? あとでメーカーに問い合わせてみよう。

有線式は値段の割にいい音しています。JBLより良い音です。以前のフィリップスのものと同じくらいかな。あっちもプラグ部分を直せば使えるので、早々に修理してやらないとね。

SSD換装

仕事で使用しているNotePC、今年で6年目となります。近頃はインストールしている各アプリが勝手に更新チェックをするような設定になっているので、起動後諸々が落ち着いて使えるようになるまでに5分以上かかるようになってきました。
NotePCは基本出張作業用で、たいていの場合は時間が無い修羅場です。こんな時にのんきに起動を待っているのは非常につらい… 5月も半ばに入って落ち着いてきたのでSSDへの換装を実施。
ブツは話題の「TOSHIBA」製の240G品。元は300Gなので少し容量が減りますが、作業に必要な分しか入れていないので無問題。
問題だったのはクローン化の方。TrueImageでやってみたらUSB接続が認識されないのでペケ。次にCloneZillaを試してみるも容量不足で中断する始末。弱ったなと思っていた時に、メーカーのホームページからツールが落とせることに気が付いて一件落着です。
さすがに早いですね。ハイバネーションからの復帰でだいたい45秒程度、完全再起動でログインまでが45秒、ログインから20秒程度で使用可となります。
こんなことならもっと早くやっておけばよかったな。