Fedora35苦戦中

Kicadの方が一段落したので、本当の目的であるFedoraの環境構築。それが今回はとても手強い。いままでの環境との違いと言えば、いままではBIOS経由だったのが、今回からはUEFI経由のBootとなったくらいのはずなんですが、謎の現象が起きていて全く落ち着きません。

インストール自体はUSBメモリースティックにインストーラーパッケージを入れてやってそこから起動するだけのことで、難しいことはありません。ものの20分もあれば終わるくらいのお手軽なもの。

ところが、Fedora恒例のインストール後のUpdateをかけるとあっという間に起動不能となります。「Boot Sector not found…」てなメッセージが出るのでどうにもなりません。

一番最初は画面が一面「水色」となる現象が出たので、ビデオカードの不調で吹っ飛んでドライブがこけたのかと思ったのですが、どうも違う様子。だいたい同じハード構成のWindowsはクリーンインストール後は実に安定しているので、ハード系の問題では無いはず。
ドライブの構成の問題かと思い、完全手動構成、完全自動構成、LVM使用の自動構成といろいろと試しましたが、どの構成でもUpdate終了後の再起動ができなくなる事にはには変わりなく、しかもネット上にもほとんど情報がなくて大弱り。

謎なので、VM上にインストールしてupdateしてみましたが、全く問題が発生しません。

起動系をいじくるのはgrub2しか無いのでgrub2の更新をせずに他を更新した場合にどうなるのか試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。