KiCAD V6その2

メインフィールドであるFedoraにRawideではありますが、正式に6.0が来たのでソースをチェック。いつもの所にお馴染みのnewstroke_font.cppを発見。ならばと早速ファイルを入れ替えてrebuild。結果は予想通りで、全部の文字を確認したわけではありませんが、ざっと見た範囲では幅の問題が解決しています。

と言うことは、Windows側でもまだRebuildはやる価値ありということで、再びがさごそ。
しかしMsys利用のWinbuilderは対応が5.12で止まっています。PKGBUILDの中身をいじれば良いのでしょうが、正規に提供していないということは何か問題があるんだろうと思わせます。

ならば丁度よいと思い英語環境のユーザーを追加してVisual Studio利用での作成に挑戦。
しかし、vcpkgの処理中にwxPythonの文字コード問題が発生してエラー停止。CP1251でも結果は一緒です。
普通に日本語環境で試した時と同じ結果で、使用言語を英語にしただけではベースの文字コードが変わらないので問題は解決しない模様なんだけど、全体の文字コードベースをUTF8にする方法が有るらしいので、いったんそちらを試してみますか。

それにしてもこのsh●tなパッケージを使い続けている理由が分からないなぁ。ベースのpythonでもV2からV3への移行で大問題が発生しているので個人的には関わりたくない言語です。とは言え人気が有り、高校の情報の授業でのプログラミングの題材として利用されていのをよく見かけますので、とっつきやすいんでしょうかね。

と言うわけで、またMSから英語版Windows11の開発環境イメージを落としてきてそちらの環境で試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。