SSD換装

仕事で使用しているNotePC、今年で6年目となります。近頃はインストールしている各アプリが勝手に更新チェックをするような設定になっているので、起動後諸々が落ち着いて使えるようになるまでに5分以上かかるようになってきました。
NotePCは基本出張作業用で、たいていの場合は時間が無い修羅場です。こんな時にのんきに起動を待っているのは非常につらい… 5月も半ばに入って落ち着いてきたのでSSDへの換装を実施。
ブツは話題の「TOSHIBA」製の240G品。元は300Gなので少し容量が減りますが、作業に必要な分しか入れていないので無問題。
問題だったのはクローン化の方。TrueImageでやってみたらUSB接続が認識されないのでペケ。次にCloneZillaを試してみるも容量不足で中断する始末。弱ったなと思っていた時に、メーカーのホームページからツールが落とせることに気が付いて一件落着です。
さすがに早いですね。ハイバネーションからの復帰でだいたい45秒程度、完全再起動でログインまでが45秒、ログインから20秒程度で使用可となります。
こんなことならもっと早くやっておけばよかったな。

中華ラジオ

目覚まし用にラジオが欲しくなったのであれこれ探しましたが、あまり適当なものが有りません。で、隣の国の製品が結構魅力的だったので購入。某尼損にて\4,700円也です。
同調・復調までデジタル処理をしているフルデジタル機ですが、安く買えるようになったものですね。
品質は怪しい国産メーカーよりよっぽど良いです。というか、今時数千円の製品ってみんな大陸製なので当たり前と言えば当たり前ですけとも。
LW、MW、SW、WIDE-FMと受信できる上に、結構感度も良いですね。この手の奴はMWが弱い場合が多いのですが、十分以上に実用的です。FMも64~108MHz入るので、防災無線が聞けるはずです。
LWはアンテナなんとかしないとダメかな。とりあえず366kHzの新立川NDBは受信できてますけど。
SWは完全に外部アンテナが必要ですね。3925、3945のラジオNikkei(昔のラジオ短波)はなんとか入りますが、HAMバンド聞いても何も聞こえないので、この辺はダメですね。

電卓の速度計測

知り合いが多数の電卓コレクションを前に、どのくらい違いがあるのか試していました。
で、手元にCASIOの古いタイプではありますが、プログラム電卓が有るのでこちらもテスト。
1回目は
200→A
Lbl 1
DSZ A:Goto 1
“END”▲
でテストしたところ、1.9秒ほど。まあDSZ命令はループ制御の専用命令なのでちょっと反則。
なので、改めて
200→A
Lbl 1
A-1→A
A≠0⇒Goto 1
“END”▲
としてみたところ、約3.5秒。
いつ買ったのか忘れてしまうほど古いのですが、調べてみると1987年ごろらしい。と言う事はそろそろ30年! 本体側の印刷がすこしかすれ始めたところもありますが、まだまだ元気。大したものです。

モバイルバッテリー

20160321-pict2257s1.jpg

なんだか奇怪な言い回しですけど、まあスマートフォンなどを充電するためのバッテリーパックですね。いろんなメーカーからいろいろ出ています。
なので、どれが真当で、どれがインチキやら見当も付きません。
あるところで話題になった時に、ANKERはまともという話も有ったのでAnker PowerCore 10400を購入。税・送込で2,199円とお安いもの決め手となりました。万一インチキだとしても、この程度なら勉強代として受け入れられますからね。
こいつ、小さい筐体なのに10Aの容量があります。電池の進歩は凄いですね。
電話本体と合わせて450gもあるのが気になるのですが… まぁこいつに頼らないようなバッテリーライフをおくることができるならば、それが一番ですけどね。

ようやく機種変更

20160319-img01769s.jpeg

なんだかんだで、ようやく新しいスマートフォンを手に入れてきました。新しい奴はFreetelのFTJ-152D。Freetel SAMURAI “KIAWAMI”という厳しい名前がついています。
6インチ機なので巨大。片手で持てる大きさだけど、片手だけで操作はできない。
大きくなった分バッテリーも大きくなっているけど、その分ディスプレイやCPUパワーが増加しているので… なかなかうまく行きませんなぁ。
最後までAsusのZenfone2の6インチと迷ったのですが、店員に押し切られるような形でFreetelに決定。まぁお店で声をかけてきた店員がFreetelのジャンパーを着ていたのだけどね。
それにしてもよくわからなかったのが、販売価格。最初立川にある某Bカメラに向かったのだけど、通販の税込み価格より高い金額が税抜きの販売価格として表示されてる。当然納得できないから「なんで?」と尋ねるも納得の行く回答なし。こりゃダメだと八王子のYカメラに向かうとこちらは通販と同価格。どちらで買うかはねぇ。

ノイズキャンセル付きイヤフォン2

実地でのテスト。まずは道路ではどうかのテスト。耳を塞いだ状態で歩くのは危険なのだけど、まぁテストということで。
車のエンジン音は綺麗に消えるけど、タイヤノイズはだめ。ホワイトノイズみたいなものなので、最初から予想はしていたけどね。やはり高域の音は消せないな。それでもけっこう静かになってびっくり。ちょうど、最近の防音壁の内側にいる程度には静かになるので、交通量の多い幹線の横を歩くには、良い耳の保護になると思う。
次に電車の車内でのテスト。あいにく人のあまり乗っていない車両だったので、おしゃべりがどの程度静かになるのかはわからなかったけど、走行音はだいぶ静かになっていた。これなら、ゆっくり居眠りするのには良さそうだ。

ノイズキャンセル付きイヤフォン

20151125-img01625s.jpg

8年ほど使っていたイヤフォンですが、ついに断線。というか、途中の被覆が剥けた状態になってしまいました。ちょっと修理が面倒な個所だったのでゴミ箱へ。
で、新規に購入するべく電気屋へ。いろいろ見た挙句、価格もそこそこだったので、思い切って購入。税込で約6.6k円とイヤフォンにしては高い部類に入りますね。
さて、肝心の音質はどうかと言うと、これがとても残念… ダイナミックレンジが不足していてなにか歪っぽい音。またノイズキャンセラーをON/OFFすると音量が変わってしまうという使いにくい状態。
ノイズキャンセラー部は高域が消せないのか、室内だとファンなどの音が残ってしまいます。一応ONにすると、周りの音がすっと引くのが分かるんですがね。
まぁ、箱書によれば「外部ノイズ90%削減」とあります。つまり10%まで低減してくれるわけですが、これって騒音レベルで使用する単位に直すと、たったの-10dB。せめて-20dBくらいは欲しいところですが、イヤフォンで有る限りは無理かな?
このイヤフォンはインナーカナルタイプだけど、これ自体の遮音性はないので仕方ないか。
さて、実際の現場(??)ではどうかな

64GB

新しい車のオーディオプレイヤー用に購入。価格は2800円と驚くほど安いです。
それにしても、このちっぽけなSDカードで64GBもの容量とは恐ろしや…
LINUXのベースシステムではこのメモリーカードの使用しているexFatが認識できなかったのですが、ちゃんと対策が用意されていてあっと言う間に準備OK。いろいろとありがたいですね。

久々の工作、続き

予定通りジャンク屋でラジオを調達。CASIO製のCD/MD付きです。
殆ど期待してなかったのだけど、CDもラジオもきちんと動作します。MDはメディアが無いのでどうだか判りませんけどね。
なんかちゃんと動いている奴を壊すのは忍びないなぁ。ラジオ部分だけ分離できるといいけど。
さて、週末は分解してみよう。

久々の工作

20140329-img00804s.jpg

ようやくキチガイ騒ぎも落ち着いたので、前々からやろうと思ってそのままになっていた工作をスタートへ。
今回はいまさらだけどラジオの製作。物はもう出来上がっていて音も出ているのだけど、やはバラックのままじゃ危ないし、第一カッコ悪い。
なので、ジャンク屋に行って適当なラジオを調達してこなくちゃ。アナログタイプで、ステレオ対応のものだとばっちり。
まぁ、500円もだせば買えるでしょう。さて行ってこよう。