KiCAD日本語対応その4

思い切って再度全部を削除して、最初から作業開始。Kicad-winbuilderをgitから取り出し直したところ、PKGBUILDが変わっていることを発見。全部を初期化して良かったなと思いつつ、必要な変更を施して作業開始。

全部を改めたので例によって「GLMのバージョンが…」と出るので迷わずに0.9.9.2で上書きして再度実行。x86_64はうまく行ったようでしたが、x86で失敗。こちらにも64環境と同じ顔ぶれを集めているので、こちらでもGLMのバージョン問題が発生します。なのでこちらもバージョンダウンさせて再実行。

今度は上手く行ってくれるかな。片方作成で2時間ちょっとかかるようなので、全体だと5時間程度? まぁ結果は明日確認。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です