KiCAD日本語対応その後

メインシステムであるFedoraが30になったので、そちらの対応に追われていました。
Fedora30ではKiCadが5.1.2となっています。例によって.srpmを調達してnewstroke_font.cppを入替え。無事にLinux版はビルドに成功しました。

それにしても、バージョンアップの度にこれだと面倒だな… Windows版だとWinbuilderにまた変化が有ったようなのでこちらは手強そう。

ところで、この日本語対応版KiCADのバイナリって需要があるのかな? 本家kicad.jpも活動が停まっているように見えるしな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です