携帯キャリア変更

いままではAu(ガラケー)2本、MVNO(スマートフォン)1本の3本体制でしたが、ガラケー1本が不要となったので全体に整理。不要となった番号は、今は亡きcdmaOneが導入された時に取得した番号で、できれば取っておきたいと思ったのですね。なのでMVNOを解約してそのまま不要となった番号はスマートフォン向け契約へ移行ってのが最初の発想です。

さっそくAuショップへ赴きましたが、1本をガラケー契約からスマフォ契約にするだけで、最低でも月に6k円と言われて驚愕。そうなるとMVNOを解約したところで月の支払いが約8k円となります。

高級端末を購入する訳でもないのにこの支払い額では…という訳で、いろいろ調べた結果、UQが一番評判が良かったので、MNPで移動です。派手に宣伝していることも有って、UQってMVNOなのかMNOなのか謎でしたが、契約しに行って分かったのがAu系列のMVNOだと言うこと。まあAu->Au系列なのでそのまま移行処理。例によってものすごくしつこい引き止め電話を振り切ってMNP予約番号を取得して契約完了。相変わらずMNPと新規契約とでそれぞれに事務手数料を毟られるのに閉口しつつ契約を進めます。

今回は必要が出てきそうな感じだったので音声通話オプションを追加した結果、月額は2,480円+税!となりますが、月額980円のDOCOMO系のMVNOを解約するので、全体的には1k円まではいかないにしても、多少は下がることが期待できます。

遭難や災害時などのセキュリティを考えると、電話会社を1系統にまとめてしまうのは問題なのですが、まぁその時はその時とすることにしましょう。

あとはどの程度の速度が出るかだな。UQの場合、普通のMVNOとは違うらしいので、少しは速度に期待できるかな。そもそもAu系のMVNOって殆どないからDOCOMO系よりは空いていそうな感じなんだよね。休日の夜に試したところではそこそこの速度だったけど、平日の昼間がどうなるかが見もの。

あとはかなりバッテリーのへたった現在の端末の更新だな。流石に3年も使っていると容量が60%台まで落ちた感じで、使い続けられるのがせいぜい8時間って感じなので、早々に更新しないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。