Kicad 5.1.12再挑戦その2

MSの開発用ライブラリから期間限定使用のWindows11の環境をダウンロード。VMplayerをインストールしてさっそく使用開始。

起動した画面はあちこちにあるサンプル通りの画像です。(左上になんか出てますが、そこはご愛敬ってことで)

開発テスト用ってことで最初からVS2019が入っているので、必要なのはcmakeなどのCLI系C++の開発ツール群をVSに追加してやるだけです。後はgitを入れて、PATHを通し、vcpkgのclone化と使用開始手順。次に環境変数VCPKG_DEFAULT_TRIPLETにx86-windowsをセットして、
.\vcpkg install boost cairo curl glew gettext glm icu libxslt ngspice opencascade opengl openssl python3 wxpython wxwidgets zlib
を書いてある通りに実行。流石にVM上なので結構時間がかかります。と言うか5時間経過してますが、まだこの手順が終了しません。しかしこちらの環境だとエラーになることもなく進行しているので、やはり元から英語環境でないとダメなんですね。

ちなみに日本語環境下でcp1251やcp65001を試してみましたが、同じエラーが出ますので、一時的対処ではダメなようですね。何か他の環境変数による指定が効いているのかもしれませんが、ぱっと見では見当たらない。

気になったので少し調べてみたら、ユーザー毎に言語系を変えられるようです。だとすれば英語系を使用する新しいユーザーアカウントを作ってそっちで作業すれば良かっただけのことだったかもしれません。後で試してみますか。

まぁ、Windows11に触れたのでとりあえず良しということですね。さて181/184で停滞しているvcpkgの処理。早く終わらないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。