Fedora35その4

大量のKDE5のアップデートが来ました。5.89->5.90なのですが、rebuildで問題発生。

当初kf5-kconfigのrebuildで余計なファイルであるlibKF5ConfigQml.so.なんとかが邪魔と怒られます。なのでspecファイルに余計な奴らを削除するように指示を追加して問題解決。
ところがその後、少なくないファイルのrebuildがfailで止まります。5.89のときは無かった現象なので何が起きたのかBuild Logを読んでみます。
すると…

CMake Error at /usr/lib64/cmake/KF5Config/KF5ConfigTargets.cmake:89 (message):
The imported target "KF5::ConfigQml" references the file
"/usr/lib64/libKF5ConfigQml.so.5.90.0"
but this file does not exist. Possible reasons include:

まさしく先程のkf5-kconfigのrebuildで消したファイルが無いと怒られています。
再びkf5-kconfigのspecファイルを変更してlibKF5ConfigQml.soとかなんとかをcoreファイルとdevelファイルに入るようにしてrebuildして再インストール。
そうしたら問題が解決したのでした。

  • kf5-kcompletion-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-kconfigwidgets-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-kcontacts-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-kfilemetadata-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-kglobalaccel-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-knotifications-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kf5-kservice-5.90.0-1.fc35.src.rpm
  • kscreen-5.23.5-1.fc35.src.rpm
  • plasma-systemmonitor-5.23.5-1.fc35.src.rpm
  • plasma-workspace-5.23.5-1.fc35.src.rpm

以上がこの問題に引っかかっていたファイル。結構大物が含まれています。

おそらくはrebuildなんて酔狂なことをしなければ問題にはならなかったのでしょうけど、検証ってどうなっているのやら。Bugzillaに報告を上げたほうがよいのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。