キャッシュバック

機種替えして最初の請求が回ってきました。2台で10k円越えです。ですがちょっとからくりが有って実際は-2000円ですね。

世間体を気にしたか新規or機種変更時の優待は直接的な還元ではなく、プリペイド型のカードへの予めのチャージという形式を取ります。
今回は1台につき6k円のバックが2台なので合わせて12k円のバックとなります。プリペイドカードのチャージ額はそれなりですが、一旦現金で出ていくのでなにかスッキリしません。第一にやたらとプリペイドカードばかり増えてもちっとも嬉しくないしね。

あれやこれやと一本に纏めてもらえないかなぁ。

やられた?

4年ぶりに携帯電話の機種変更。3G(CDMA)を巻き取って、4G(VOLTE)にしたいキャリアの思惑が丸見えでしたが、一応乗っかってやることにして変更です。

しかし、安心していたのも束の間。こいつガラケーの顔をしたアンドロイドだったのでした。しかもVer.5.1.1って、いつの時代だよって言いたくなる古いバージョン。

道理でアプリがとか、Wifiがとか不穏なメッセージが出ると思ったらこういう事だったのですな。それにしてもタッチパネルで無いアンドロイドってなにか変だ。なにかしらのアプリを入れた時にどうやって操作するんだろう。変な興味が湧いてきてしまったぞ。

肝心の電池の持ちに関しては、もうすっかりアンドロイドモードなのでまったく期待ができない状態。日曜の夜にフル充電して火曜の朝で89%(月曜は通話/SMS無し)。しかもこれって00:00~6:30は自動で電源が切れる状態にしてあっての話なので、どう考えても無充電で1週間は無理だな。せっかく電池の持ちを気にせずに使えるようにしてしたガラケーだったのに残念… まぁ、リサーチ不足が一番いけない訳なんですがね。

FTJ152D

バージョンダウンして落ち着いていたFTJ152D、運営会社のまさかの破綻もありどうなることやらと思っていた矢先、ワイヤレスアップグレードのお知らせが届きました。
一瞬身構えたのですが、さすがにあれだけ問題になってからのアップデートなので、諸々は解決してんだろうと半信半疑ながら実行。
するとです、カメラの不具合はそのままというお粗末さ。つくづくアホ会社は信用してはいけないですね。
まぁ本務機としてZE520KLが有るので困りはしないのですが、なんかむかつきますよね。
結局正月にやってきた甥っ子たちが欲しいというので渡して縁切り。
今後は慎重に選ばなきゃね。

バージョンダウン

Android6にしてあちこちがおかしくなってしまったFTJ152、新しい端末が来たのでメーカーに送ってダウングレードしてもらいました。
本来はVer.6での不具合を解消するべきなんでしょうが、悲しいかな技術力が無いところなのでどうにもなりません。なのでVer.5へのダウングレードサービスを提供しています。
キャリアに送って書き直してもらう形をとりますが、2日程度で戻ってきました。
中身は結構快適になっており、不具合の最たるものであったカメラでマクロ側に寄り切れない問題も解消しているというか、復旧しています。
こうなるともう一度こちらを使っていても良い気がしてくるから不思議なもの。もう新しい端末に環境を移しているので、こちらは予備機としてしばらく置いておくことにしましょう。バッテリーも容量が60%程度まで落ちていることだし。

新型機導入

MVNOの変更に合わせて新しいスマートフォンを購入。
マイナー機種で2回も続けて泣かされてきたので、今回はまっとうそうなメーカーの機種を選択。
AsusのZenfone3 ZE520KLとしました。
前機種が6インチ機で今回のが5.2インチなので一回りどころではなく小さくなりました。が、全体の動きがきびきびしていますね。FTJ152Dでは数分以上かかるアプリのアップデートがせいぜい10秒もあれば終わります。今までのは何だったんだろうな…
と言う訳で、いろいろと快適。30k円も費やしてしまいましたが、これでイライラが減ればいいなと。

MVNO変更

悪徳楽天に吸い込まれてしまったFreetel。いろいろと不満も有るので脱出しようと思ったけど解約締め切りは25日… と言う訳で来月まで持越し。
新規の所は大抵契約月はタダなので極力月初めに契約したいわけです。
Freetelで月使用料を1GBに抑えると月370円で済むのだが、ちょっとでも超えると800円となる。
どこが良いかまだ詳しく見てないけど、元の鞘のAsahi-Netだと固定回線使用者割引が有るので3GBまでで月800円(SMS込み)となる。だいたいどこも同じような価格なので、Asahiでも良いかなと。
後は端末どうするかだな。

バッテリーの持ち

旧機種から切替が終わり、本格的に使用し始めてようやく一週間が経過しました。週末は出かけていたのでタフな使い方をしていましたが、それで朝から自宅に到着するまでの10時間余りで85%使用。つまり、8.5%/h。時々画面を見る程度の普段使いだと4~5%/hで、夜になって自宅に戻っても40%程度はバッテリーが残っています。
バッテリー自体が大きくなったのが一番効果が有ったように思えますが、全体にもいろいろと工夫が有るのでしょうな。ただし、やはり高精細の大型ディスプレイなのでどうしても画面をONしている時間帯のバッテリーの減りは大きいです。BatteryMixのグラフにもはっきりと違いが記録されて段差が読み取れます。
問題はモバイルバッテリーだな。初期充電が不足だったのか、最初の使用時では2回満タンにはできなかった。
電話機のバッテリーが3Ahでモバイルバッテリーは10.4Ahなので3回は満充電できる勘定なのに、実際には1回満タンの後は70%まで行ったところで息切れ。3+3*0.7=5.1と半分しか使えなかったことになる。ちょっと問題だな。

機種変に悩む

そろそろ4年に達するL-01D。使い続けたくなるほどの機種では無いです。と言うよりさっさとゴミ箱に放り込みたくなる代物。
で、近頃はSIM FREEとして最初から特定キャリアとは関わらずに販売される機種が増えてきました。機能的にも最新機種なので不満は有りません。
問題はバッテリーの持ち。画面サイズは目の問題もあって大きくしたい。CPUそのものもそこそこ良いものが欲しいとなるとバッテリーに厳しいことは容易に想像がつきます。
あれこれ検討してFreetelの6インチ機とAsusの6インチ機が候補となりましたが、どうもFreetelは電池の持ちが悪い気配。こちらは4Kディスプレイなのでその分厳しいのでしょうけども。
ゲームはしませんので、青空文庫の本を読みながらストリーミング放送を聞くといった状態で8時間くらいは持ってもらわないとね。
本体がでかい分、予備バッテリー(ポケットブースターの類)は持ち歩きたくないんだよね。

次期電話機をどうするか

今使っているスマートフォンはL-01Dと言ってDOCOMOの2011年春モデルです。アホ端末の多い2011年モデルですが、こいつも例にもれずにアホ。取り柄と言えば端末代が安かったってことだけです。
さてさすがに3年も経つとバッテリーが怪しくなってきます。もともとスタミナの無い機種ではありましたが、最近ではせいぜい6時間くらいしか持たない始末。いつまでもこいつにこだわる必要は全くないので、次機種を物色中。
現在はMVNOの契約なので、DOCOMOの白ロム機かSIMフリー機が候補となりすが、どうも…
「何がに何でもこれだ!」というものが無いので、困ります。さてどうしたものだか。

アホ電話なんとかしてくれ….

20140609-2014-06-09-22-03-26s.jpeg

2年前に機種変更したDOCOMOのL-01D、いろいろと怪しい動きをするのですが最近は充電がまともにできないことが増えてきました。
このグラフの平らな部分は実は充電中。見掛け上は「充電中」になっているけど、”Battery Mix”で見れば一目瞭然。で、一年程前に「こうだ」とDOCOMOに伝えて対処してもらったけど、「何もおかしくないけど、念のため基板交換しました」ということで当たり前だけど改善なし。
いちいち再起動してやらないと充電開始しないので不便極まりない。これで一日保ってくれるなら文句のボリュームも下げられるけど、せいぜい半日では拡声器を持ってきてわめきたい気分。
真剣に白ROM機を探さなきゃ。けっこう高いんだよなこれが…