高断熱住宅

高断熱住宅を批判している記事は結構見つかります。いわく「夏はオーブンの中に暮らすようだ」とか、「バーベキューグリルでこんがり」とか。
もちろんこの高断熱住宅を熱帯に建てたら大変なことになるでしょう。それこそ正気の沙汰ではないです。が、冬が寒いところでは断然快適なのです。
批判している人たちが忘れている、または気が付かないor気が付かないふりをしている点に「冷房は外気より1℃低くても涼しく感じるが、暖房は10℃高くないと温かく感じない」があります。
つまり、住宅では冷房に費やすエネルギーよりも暖房に費やすエネルギーの方が多いんです。だとすれば、暖房費を削減できる方向の方が賢い生活じゃないでしょうかね。

「高断熱住宅」への2件のフィードバック

  1. 高断熱と言う事は、外の熱の影響を受けないと言う事だよね。
    夏は、窓全開すれば風は通るから良いけど冬は密閉度が高いので熱が逃げないと言う事でしょう。
    うちは冷房掛けない家だから、常に暖房費の方が掛かる。

  2. 去年一年では真夏も真冬も電気代に変わりがなかったです(暖房も電気ですけどね)。ですから、この界隈では高断熱住宅というのはありがたい建物と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です